『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』のポスター

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー

2017 ・ ドラマ ・ アメリカ
平均 ★3.5 (124人)
評価する

基本情報

Rebel in the Rye
2017 · アメリカ · ドラマ
109分
1939年、ニューヨーク。20歳のジェリーことジェローム・デイヴィッド・サリンジャー(ニコラス・ホルト)は、大学中退を繰り返していた。父は家業の食品輸入業を継がせようとするが、ジュリーは反発し、コロンビア大学の創作文芸コースを受講。そこでは文芸誌『ストーリー』の編集長でもあるウィット・バーネット教授(ケヴィン・スペイシー)が己の“声”を物語にすることの重要さを説いており、ジェリーは生涯をかけて物語を語る覚悟を問われる。そして完成させた短編『若者たち』が『ストーリー』に採用され、作家としての踏み出していった。そんな時、劇作家ユージン・オニールの娘ウーナ(ゾーイ・ドゥイッチ)と出会い、一目で惹かれたジュリーは奔放なウーナに振り回されながらマンハッタンの社交界に出入りして恋愛を楽しんでいく。短編小説を売り込んでも不採用が続いていたが、自分の分身ともいえるホールデン・コールフィールドを主人公にした短編『マディソン・アヴェニューのはずれでのささいな抵抗』が権威ある『ニューヨーカー』誌に掲載されることに。しかしその矢先に太平洋戦争が勃発し、戦時下にふさわしくない内容との理由で掲載が延期されてしまう。1942年、ジェリーは陸軍に入隊。ウーナとチャーリー・チャップリンとの結婚の知らせや日々激化する戦況に神経をすり減らす中、書くことだけが心の支えだった。それでもノルマンディー上陸作戦などで仲間を失い、ナチスによる強制収容所の現実を目の当たりにし、最前線で地獄のような経験をした彼は力尽き、ドイツで入院する。終戦後、選集出版計画が頓挫したことからバーネットと決裂。ジュリーは戦争のトラウマや周囲の人々の無理解に傷つきながらもホールデン・コールフィールドの物語を書き続け、そしてついに長編『ライ麦畑でつかまえて』を完成させる。文壇に賛否両論を巻き起し一大ベストセラーとなった同作は社会現象にまでなるが、次第にジェリーは世間の狂騒に背を向けるようになる。

キャスト/スタッフ


評価分布グラフ

平均3.5
(124人)

レビュー

10+

この作品が含まれたまとめ

16
★ 514,047,403件の評価 が集まっています!
  • 出典
  • サービス利用規約
  • 個人情報保護方針
  • 事業者登録番号 (211-88-66013)
  • カスタマーサポートcs@watcha.co.jp
  • © 2011–2019 by Watcha. Inc