レビュー
レビュー
    star3.5
    【声漏れ必至のパニック映画】 人で渋滞の海を巨大ザメが大暴れ。期待を裏切らない巨大ザメの恐怖と驚きの連続に声漏れ必至!サメと戦う発想で、水中レースまでやってしまう比類なきサメ映画。 ◆概要 出演は「ワイルド・スピード」シリーズのジェイソン・ステイサムなど。監督は「ナショナル・トレジャー」シリーズのジョン・タートルトーブ。 ◆ストーリー 人類未踏の深海の調査に乗り出した探査チームに、深海で巨大な「何か」が襲いかかる。救助に向かったレスキューダイバーのジョナス・テイラー(ジェイソン・ステイサム)は、そこで200万年前に絶滅したとされる、体長23メートル、体重20トンにも及ぶ巨大ザメのメガロドンに遭遇する。 ◆感想 期待通りのパニックホラーっぷり。何度も巨大ザメが襲いかかるドキドキ感やゾクゾク感は圧倒的。こと遊泳者で完全渋滞の海で巨大ザメが大暴れするシーンは圧巻!裏をついてくる発想や、巨大ザメと対峙する人間のアイデアの豊富さにも見応えがある。 ◆以下ネタバレ◆ 人間と巨大ザメのバトルもこの映画の特徴。巨大ザメにレーダーをつける発想や、潜水艇でサメとレースをしてしまうのも他に例がないと思う。『ジョーズ』や『海底47m』など、どのサメ映画もサメの恐怖を存分に感じられるけど、この映画は巨大ザメと戦う設定のもと、他で中々見られないシーンがいくつも生まれていると思う。しかしまさか二匹目がいるとは…完全に裏つかれました笑 残念だったのは… まあツッコミどころが多い。深海の冷水が潜水艇によって浅海への“サメのハイウエイ”を作ったことは理解できるが、そのMEGが浅海でも生き続ける説明が足りてない。救助へ向かう序盤のスーインがほぼ無能だし、衝突して墜落しただけのテレビクルー(?)もチョイ役過ぎる笑。要は脚本にもう少し緻密さが欲しかった訳だけど、何にしてもこの映画の魅力は前述の大迫力。見応えが圧倒的な事だけは間違いない。 あと余談だけど、公式サイトのキャッチコピー「この夏、あなたは海で泳げない。」公開初日9月7日でもう日本は秋めいてます!笑
    170
    サメ映画というよりも「ジェイソン・ステイサム無双ムービー、今度の敵はサメ!」みたいな作品(^^)。 ♢♢♢ はらぺこまりもさんの素晴らしいレビューに背中を押され、どうせならとIMAX 3Dで鑑賞。 冒頭にあるようにステイサム作品としてはかなりの出来でした!!!ww サメ映画としても、やはり製作費がかかっている分、映像の迫力はなかなかで、風景の俯瞰映像やカメラワークなんかもIMAX 3Dならではの出来。 結果とても楽しめました。 ♢♢♢ そもそもステイサムの「サメへの恐怖感ゼロ度」が半端なくて、結果サメ映画のマストアイテム「襲われるかもしれない恐怖感」がゼロという(笑)。 ステイサム、サメよりも昔の汚名をそそぐことと闘ってるし。 ♢♢♢ でもね、やはり世界中でヒットしてるだけのことはありました。 エンタメ作品としては充分合格、いや〜いろいろと面白い作品でした。
    92
    サメ映画はとにかく昔から怖くて覚悟を決めて観に行ったんだけど…あんまり怖くなかったなぁ?なぜかしら。やはり自分より少し大きいくらいのモノに追いかけられるとか襲われるほうが恐怖なのでは。例えば恐竜ならティラノよりラプトル、みたいな? のっけから、というかそのあともずっと、ヒロインの中国人女性が、まったくツワモノに見えないのに無謀としか思えない行動を取って、ジェイソン演じるヒーローに助け出されては愛が深まるってなんじゃそりゃ(笑)なんだけど、ま、エンタテインメントですからね。 ジェイソン・ステイサムのファンでなければ、あまり楽しむところ少ないかも。私はそういう意味では楽しんできました(笑)
    76