レビュー
レビュー
star3.5
「センス全開の湯浅政明ワールド再び。」 超奇作「マインド・ゲーム」を世に送り出した湯浅政明監督、TVアニメでは色々やってはいたが、映画では実に13年振りの新作。今回も森見登美彦原作、劇団「ヨーロッパ企画」の上田誠が脚本など、「四畳半神話大系」のスタッフを再結集している。 とにもかくにもセンスが突出している作品なので、そこを受け入れられるかどうかで分かれるだろうなぁ。湯浅監督初体験ならなんじゃこりゃで終わる可能性も高いだろう。それでもまだ分かりやすい方だとは思っているが。まあそもそも原作自体がエキセントリックな作風でもあるが。 話がほぼ一夜限りの出来事で展開していくので、テンポが良いと同時に目まぐるしくもある。あとお世辞にも画はキレイとは言えない(独特の絵柄で自分は好みだが)ので、そこもハッキリ賛否分かれそう。 主人公のキャラ、猪突猛進型なのは良いが、これ言い換えれば軽いストーカーだからね。ヒロインも良く言えば純真無垢と言えるけど、なんでも出来るヒロインとして周りがアゲていく感じが鼻に付く人もいるかも。ど根性ガエルの梅さんみたいなアゴしてる師匠とパンツ変えてない総番町が面白かった。パンツ変えてないって冷静に考えるとお近づきになりたくないっしょ。 アリかナシかでいうと、自分はアリだが、ナシって言う人の言い分も分かるかも。具体的にどこが面白かったのと問われると返答に困るというか。センスという抽象的な答え方しか出来ない面白さ。それでもイイと思っている。
50