レビュー
レビュー
star3.0
ここまで来ると仮面ライダーの看板を外して【電王】だけでも良かったようなドラマ もはや子供をターゲットとした〈デザインと変身ユニット〉は商品としての戦略が見える 注目は、当時〈知名度は無かった?〉いまや人気俳優佐藤健の初々しさとなるが、ひとりの青年が〈複数の人格に変貌(憑依)する〉演技は〈なかなか器用で巧い〉と思った記憶がある のち、瀬戸康史、福士蒼汰、菅田将暉、竹内涼真と人気俳優の誕生で〈仮面ライダーはスターへの登竜門〉と噂されるようになった とはいえ、演技派と言えるのは、主人公の佐藤と数年後登場した菅田ぐらいで残念であり、更なる実力を兼ね備えた俳優の誕生を願うばかりだ まあ、出来はそこそこで、大人が観たらビミョーというか、かなり忍耐力が必要かもしれない
00